疑惑〜確定診断編 >>>>


摘出手術・治療編 >>>>


乳房再建編 >>>>

1年めの検診を迎える

皮膚パッチテストの一週間

検診結果は無事クリア

手術に備える3ヶ月間

いよいよ入院

乳房再建のためのデザインを施す

手術まで首を洗って待つのみ

手術──再び辛く長い一夜

なんでこんな手術受けちゃったんだろう……

再建乳房と感動の初対面!

再び苦しむ激痛の夜

入院生活のタイムテーブル

快復停滞の分岐はどこにあるの?

そろそろ退院が視野に入ってきたかな

30日ぶりで外の世界へ

背中の大怪我、続行中

ドレーンを入れての強制排液

「カサブタ剥いじゃおうね」

恐怖の溶解脂肪ダダ漏れ事件

医療従事者と患者との間には温度差がある

傷口が裂けちゃった!

背中の傷に植皮を開始

遺伝性乳癌による予防的乳房切除に思うこと

いっこうに脂肪流出が止まらない

乳癌治療に関するいくつかのニュース

そろそろ心が折れてきた

身体はちゃんと頑張っていたんだね

旅立ってしまった友

サバイバー3年生に──道はまだ続く


乳頭乳輪再建・経過観察編 >>>>


ついにサバイバー編 >>>>


このページの記述に関してのご質問、コメントなどがございましたら、直接メールでいただけますようお願いいたします。

1年めの検診を迎える

2012年9月7日。朝目覚めて、ああ最初に手術した日だなあ、と思った。だけど、最後の手術で最終的に全摘になってしまってからはまだ4ヵ月半しかたっていないので、もう1年経ったんだという感慨は薄い。私は手術ばかり多くて「傷」の痛みはさんざん味わったけど、薬物治療ではそんなに辛い思いしていないので、闘病している実感が少ないのかも。
ただ、ここのところホットフラッシュのたびに心拍数や動悸まで上がってしまって、しんどい。この夏の猛暑も手伝ってか、それともホルモン治療の副作用がボディブローのように効いてきたか、そもそもが更年期のお年頃でもあるせいか……?
次の受診の時に聞いてみようかとも思うけど、化学療法の副作用に比べればホルモン剤のそれは軽微だから(そういうことになっているから)、辛いとか言うのも申し訳ないような気もする。

9月だというのに毎日30℃超えの日々が続く中、Y先生のところで1年めの検査をしてきた。検査予約をわざわざ13日にしたのは、一年前に退院した日だったから。胸のレントゲンとマンモグラフィと腹部エコー、尿検査と血液検査。私にとっては初めての本格的定期検診だったわけだけど、検査に入る前に先生の診察があって、顔色や体調報告などをきちんとチェックしてくれる。

診察の時、8月に受けた自治体の検診結果をすべてY先生に報告した。先生はクリニックを開業する直前に「乳癌を治療とフォローアップするのはもちろんだけど、みんなのホームドクターにもなりたいな、と思って」などと口にしたことがあって、なんとなく私の記憶に残っていたのだ。
「先生のカルテで全部取りまとめてもらえるの?」と聞いたら、
「いいよ〜〜」と答えてもらえたから、結果の用紙を全部持って来た。
胃のバリウム検査と便潜血検査、子宮頸癌と体癌検診、どれも異常なしだったんだけど、骨粗鬆症検診だけ黄色信号だった。今飲んでるホルモン剤のせいかと尋ねると、ノルバデックスという薬はむしろ骨を強くする効果があるんだという。もう1年以上飲んでいるのに、この数値はどうして? Y先生もちょっと「うーーん、どうしてかなあ?」という感じだった。でも、骨粗鬆症になるまではまだ遠いので、とりあえずは静観だそう。

一時期ちょっと下げ止まっていた体重は、このところまた順調に下降していて、最初の手術の頃からトータル3.5kgは減ったはず。来年の再建手術のために筋トレ頑張ってるから、見た目的にもスリムダウンしている。
視触診のために脱衣すると、Y先生は開口一番「あーっ痩せたねえ!」
「わかります? 体脂肪も3%落ちたんですよ!」私が得意げにすると
「僕もねえ、ちょっと体脂肪落としたの」先生もちょっと自慢げ。
「あっ、そういえば……少ぉしスッキリされたような?」
「夏休みにねえ、海で素潜りしたんだけど(先生は瀬戸内の島育ち)体脂肪減ると潜りやすいんだよ!」
「ああ、油分は水に浮きますもんねー、その逆かあ」
やっぱり1年めのフル検査ということで緊張してたのかしら。軽口をたたいていたら気持ちがするすると緩んできて、リラックスして検査に臨むことができた。

午後一番の予約を入れていたので、診察も待たされず、一連の検査から会計まで流れるように45分くらいですべてが終わった。検査スタッフも全員顔見知りなので安心だし。これは専門クリニックならではの利点だ。大きな病院ではそういう体制を取ることはかなわないだろう。各検査室ごとに予約を別々に取って、病院内オリエンテーリングさせられ、いちいち待たされる。下手したら検査予約が別の日に振り分けられてしまい、通院が二度手間になることだってある。

尿と血液の検査を外部に出すため、結果は次の受診までお預け。その時に乳腺エコーをすることになっている。2週間以上空ければいつでもいいとのことだったけど、あえて10月9日に予約を入れた。私の誕生日なのだ。ひとつ年齢を増やす日にサバイバー2年生になるのはキリがいいかなーと思って。

  >>> Back to HOME

 
SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー