疑惑〜確定診断編 >>>>


摘出手術・治療編 >>>>


乳房再建編 >>>>

1年めの検診を迎える

皮膚パッチテストの一週間

検診結果は無事クリア

手術に備える3ヶ月間

いよいよ入院

乳房再建のためのデザインを施す

手術まで首を洗って待つのみ

手術──再び辛く長い一夜

なんでこんな手術受けちゃったんだろう……

再建乳房と感動の初対面!

再び苦しむ激痛の夜

入院生活のタイムテーブル

快復停滞の分岐はどこにあるの?

そろそろ退院が視野に入ってきたかな

30日ぶりで外の世界へ

背中の大怪我、続行中

ドレーンを入れての強制排液

「カサブタ剥いじゃおうね」

恐怖の溶解脂肪ダダ漏れ事件

医療従事者と患者との間には温度差がある

傷口が裂けちゃった!

背中の傷に植皮を開始

遺伝性乳癌による予防的乳房切除に思うこと

いっこうに脂肪流出が止まらない

乳癌治療に関するいくつかのニュース

そろそろ心が折れてきた

身体はちゃんと頑張っていたんだね

旅立ってしまった友

サバイバー3年生に──道はまだ続く


乳頭乳輪再建・経過観察編 >>>>


ついにサバイバー編 >>>>


このページの記述に関してのご質問、コメントなどがございましたら、直接メールでいただけますようお願いいたします。

ドレーンを入れての強制排液

とめどなく出続け溜まる滲出液を抜くために、週2回の通院が続いていた。5時起きして早朝の電車に乗り、7時前に病院そばのカフェに着いて、じーっと待つ日々である。
退院最初の外来受診日には96cc溜まっていた滲出液は、3日後の2月28日には63ccに減った。ところが3月4日も58cc、7日も52ccと、それからの減少は足踏み状態。
「このまま減らないようなら、またドレーン入れて強制的に水を抜いた方がいいと思うなあ」とT先生は言う。そうねえ……あんまり通院が長引くならそれも考えてみようかな。

3月に入った途端、急速に暖かくなった。今年の私の2月はすっぽり抜け落ちているので、いきなり春になっちゃった気分だ。花粉も来ている。まだアレルギー症状は顕著に出ていないけど、先んじて早々とアレルギーの薬を飲んでしまっている。一日一錠に減らしたけどまだ痛み止めも飲んでるから、薬漬けみたいで嫌なんだけど、くしゃみが傷に響くのはもっと嫌なんだもの。
いわゆる“娑婆の空気に触れる”のは、ほぼ3日おきの通院の時のみだけど、まだまだ慣れない。やっぱり電車や人混みは精神的にも消耗するようで、外来の日はぐったりしてしまう。それでも、3日前は?1週間前は?って考えれば、少しずつ少しずつちゃんと元気になって来てるのだ。数えてみれば、ちょうど術後6週間。
背中の青黒かったところは、真皮までの壊死は回避出来たけど、表皮はほぼ乾いてカサブタになっている。当てているガーゼが多少汚れるけど、縁から乾いてはがれ始めているので、治りつつあるみたいだ。

肝心の再建乳房はというと、とても良い感じで綺麗な形状を保っている。ただ、組織が定着するまでは、変形しないよう気を使わなくてはならない。S先生にもT先生にも口を酸っぱくして何度も何度も言われた。特にアンダーバストの部分を潰してしまうと絶対に修正が不可能なんだそう。筒型腹巻や腹帯でバスト下部をはさんでしまったりすると大変。まだ感覚がないから、はさんだりつぶれたりしているのもわからないのだ。いやーッ! 段のついた胸なんて絶対に絶対にゴメンだわ!
そういうわけで下着選びが大変なのだ。ワイヤー入りなんて論外、カップの縫い目も痕がつかないように要注意、シームレスカップでもきつく圧迫するのはNG。背中のガーゼを押さえなくちゃならないからバックベルトが細いのは駄目、そもそも細いバックベルトやストラップは痛いので駄目。もちろん後ろホックもNG。結局、古びて伸びきってヨレヨレになったノンワイヤーのブラが最適なのである。さらに針と糸を持っていろいろ改造を施している。この1年半、どれだけ下着を切ったり縫ったりしたことか……。

5回めの通院日の3月11日、ドレーンを入れて強制的に滲出液を抜くことになった。ドレーンと聞いて、入院中のような邪魔臭いものを想像してたら全然違った。ペンローズドレーンという、小さなポケットというか袋のようなものがついているストローのような細い管を、背中のカサブタを少しだけ剥がして傷の下に挿し入れる。傷の隙間からちょこっと管の口が顔を出しているので、そこに生理用ナプキンを当てておくだけである。腹帯とコルセットで背中をギリギリ締め上げて、溜まる前に絞り出して吸い取ってしまおうってこと。いちいち裸になってナプキンを日に何度か取り替えるのが面倒と言えば面倒だけど。
ドレーンを入れる前は「水が溜まらないよう極力動くな」だったけど、入れてからは「むしろガンガン動いてどんどん水を排出させて」となったので、せっせとウォーキングをすることにした。再来週くらいからウォーキングマシンくらいならスポーツジム復活もありなのではないかと思案中。仕事もボチボチ復帰できそうかな。

3日後の14日にドレーンを挿れても化膿や感染していないことを確認し、ようやく週2回通院から1週おきになった。通院頻度も個人差があって、最短の3週間コースで退院した人などは治りが早くて、もうとっくに2週おき通院になっている。彼女はきっと次は1ヶ月後で、その次は3ヶ月後で……ってトントン進んじゃうんだろうなあ。
痛みはだいぶ落ち着いてきたけれど、お腹を常時締め上げ続けているのが苦しくてたまらない。だって寝る時もなんだもの。シャワー浴びてる15分の間しか外せない。でも、おかげでウエストが5cmも細くなったのは嬉しい。まあ、物理的にウエストの組織を切り取ってもいるけどね。下腹も凹んだ。腹巻+腹帯+コルセットの3枚重ねでも今までのジーンズが余裕で入るのだ。
ちなみに体重も1ヶ月の病院食で1.5kgも減った。せっかくなので維持したいところ。ウエスト減れば作った胸も見栄えするから万々歳だわ。

  >>> Back to HOME

 
SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー