疑惑〜確定診断編 >>>>


摘出手術・治療編 >>>>


乳房再建編 >>>>


乳頭乳輪再建・経過観察編 >>>>

当たり前の普通の生活に少しずつ戻っていく

一日でも早く皮膚状態をよくしなきゃ

再建手術後の身体のさまざまな変化

それはきっと、神のみぞ知る領域

乳房再建にまつわるいくつかのニュース

乳頭乳輪再建。ついにおっぱいが完成する!

久し振りの手術の夜の痛み

完成おっぱいとの対面はまだお預け

僕が医者続けてる限りずっと診るからね

乳房再建は心の再建

「毛」が生えてきた!?

私はもう “患者” ではない

ホルモン治療薬あれこれ

乳癌と乳房再建の意識調査

ホルモン剤を切り替える

ゾロゾロ出てくる副作用

ちょっと蹴つまずいちゃった3年目検診

形成手術って気長でないと立ち向かえない

カルテに書かれたExcellent!!

「もうメソメソ泣かないでもすむね」


ついにサバイバー編 >>>>


このページの記述に関してのご質問、コメントなどがございましたら、直接メールでいただけますようお願いいたします。

ゾロゾロ出てくる副作用

9月に入った頃、今度は関節痛や筋肉痛が酷くなってきた。そうなのだ、アナストロゾールの最大の副作用は筋肉のこわばりや関節の痛み。その症状が出てきたのである。日に何度かあったとしても短時間で一過性のホットフラッシュと違い、こちらは相当にしんどいものだった。スポーツや筋トレによって起こる筋肉痛とはまるっきり性格が異なる感じの痛みだった。
全体的に脚が少し浮腫み気味になっていて、ぼわーんとしたゆるい鈍痛が常にある。膝や足首、足裏の指の付け根などが何かの拍子に「ツクーーーン!」とした痛みが響く。激痛とか疼痛とかいうほどではないけど、いきなり襲われるのは何かイヤな感じがする。
背中や腰はいつも硬く張りつめているような感じで、少し仕事で根を詰めたりすると、肩や腰のコリが3倍増しになる感じ。揉んだり温めたりしてもほぐれていく感覚が弱い。

そうこうするうちに本格的に関節が激痛になってきた。節々の潤滑油がすべて切れてしまったような感じで、歩こうとすると膝や股関節やくるぶしがギシギシと軋む。特にしばらく静止してから動き始める時が酷くて、起床直後なんて錆ついた年代物のロボットのようにギクシャクしている。錆つきロボット状態は、ほんのわずかの静止状態からでも起こってしまう。たとえばカフェなどで30分ほど過ごしたとする。帰るために伝票つかんで立ち上がったはみたものの、颯爽とはレジに向かえない。連れがいたりすると、彼らがスタスタ行ってしまう後ろで「ま、待ってえ……」とヨタヨタ追いかける感じ。不格好なことこのうえない。
こんな状態がずっと続くんだろうか……あと7年も……? 冗談じゃないよお。薬が切り替わって1ヶ月でしかないのに、早くも気持ちが萎えてきた。

9月16日は術後3年目のフル検診だったが、再発や転移の心配はサッパリと吹き飛んでいて、とにかくこの関節痛をどうにかしてほしいということで頭がいっぱいだった。
採血して尿検査して検便を渡して胸部レントゲンと骨密度とマンモグラフィと腹部エコー、一連の検査をしている間もずっと「関節痛い関節痛い」と考え続けていた。Y先生の視触診を待つ間もずっと「関節痛い関節痛い」が頭の中をループしていた。そんな状態だから、ようやく診察室に呼ばれた時の第一声は挨拶もそこそこに「関節痛い〜〜〜!」だった。

私の切々とした訴えにY先生は
「そうかあ、やっぱり関節痛でちゃったかあ……。でもね、ちゃんと薬はあるよ」
「……ホ、ホント? 痛いの治まる??」
「骨粗鬆症の薬なんだけどね、ホルモン治療の関節痛にもちゃんとエビデンスがあるんだよ」
Y先生はパソコン内のファイルをいくつか開いて説明してくれた。グラフや数字の表の並ぶデータ画面。説明文は全部英語ばっかりでよくわからないけど「arthritic pain」という単語が目に入った。……なるほど。
「痛がる患者さんに処方してるけどね、これで2人に1人はよくなってるよ」Y先生はニコニコしている。
えッ? 効くのが2人に1人? ということは2人に1人には効かないってこと? 50%かあ……患者の立場からすると、あんまり割合としては高くないような……。でも薬飲まなきゃこのまま痛いままなんだから、効く方の50%に入れるよう願ってみよう。

その日から活性型ビタミンD3製剤のエディロールが処方された。このお薬はまん丸で透明でダークオレンジで、大きさといい色つやといい、イクラの醤油漬けそっくり。ご飯の上に乗っけておいたらそのまま食べてガリっとしてビックリするんじゃないかってくらい、そっくり。シートから出すときにうっかり取り落とすと、よく弾んでよく転がって、見失う。ちょっと注意が必要なお薬(笑)。

エディロールを飲み始めて3週間ほど経っても、相変わらず脚が重くだるく痛い。もしかして2人に1人の効かない方に入っちゃったかな。関節痛はだいぶ鎮まってきたようにも思える。それとも慣れてきたのかな。
筋肉痛の方は酷いままだった。昨日ハーフマラソン走った?トレッキングでもしてきた?というくらいに全身の筋肉が強ばり、痛む。中敷のヘタッた底の硬い革靴で床の上を歩き続けた時のように、土踏まずが板のように感じ、床面に触れる一歩一歩の足裏がいちいちビリビリする。

痛みが継続するってどうしてこんなに心まで消耗してしまうんだろう。
そういえば、抜け毛も急激に増えたような気がする。化学療法による脱毛を経験した人から見れば、申し訳ないほどのささやかな抜け毛なのだというのはわかっているけれど……。それでもシャンプー後の排水溝を見ると気持ちがげんなりする。

アナストロゾールの副作用はそれだけにとどまらなかった。

  >>> Back to HOME

 
SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー