オランダ Holland

Amsterdam - アムステルダム

オランダといって真っ先に思い出すのはやっぱり風車と運河。
水という自然の脅威と闘い克服し、今では自然と調和して暮らしている国。
のどかな田園風景を想像してしまうが、実際のオランダはヨーロッパ屈指の工業国なのだ。


運河に揺れる影(155×194mm)

アムステルダムの町はヨーロッパの他の首都に比べてこぢんまりしている印象。間口の狭い「うなぎの寝床」式の建物がびっしりと並んでます。街じゅうに張り巡らされた運河に沿っての散策はとても楽しいものです。そう、水面だけを見つめていても。

新緑の運河(156×214mm)

ヨーロッパでも北に位置するオランダは、日本のGWの頃、ようやく春を迎えます。まだ薄手のコートを必要としながらも、小さな運河沿いの小道に降る陽射しは、日増しに色濃くしていく緑とともに、明るくなっていくのです。

Zaanse Schans - ザーンセ・スカンス

アムステルダムからほど近い小さな村。
伝統的な建物を移築保存しているオランダ版「明治村」というかんじ。
グリーンの壁と白い窓枠の家々、川沿いの風車………
なんともメルヘンな世界であり、私たちのイメージする古き良きオランダ。


水鏡(281×213mm)

17〜18世紀のこの地方の家屋は、おもちゃのように可愛らしく、それぞれが展示施設や店鋪になっています。

ザーンセ・スカンス-1-(185×136mm)

絵に描いたような古き良きオランダ。アムステルダムからの半日遠足に最適な場所です。

ザーンセ・スカンス-2-
(216×149mm)


違うアングルからもう1枚。上の絵を描いてから2年がたっています。やっぱり作風は微妙に変わってくるものだなあ……と自分で実感。

Haarlem - ハーレム


小さな跳ね橋(190×139mm)

アムステルダムから列車で20分、レンガの切妻屋根の並ぶ古い街。小さな跳ね橋がありました。

Keukenhof - キューケンホフ公園


風車とチューリップ
(152×224mm)


キューケンホフ公園の園内を巡る遊歩道は15kmもあり、700万もの花々は毎年異なる配置で植えられていて、そのたびに違う魅力に出逢えます。公園の中ほどにある風車の展望台に登ると、園内や公園周辺のチューリップ畑の極彩色の花の絨毯が眼下に広がっていました。

春爛漫のキューケンホフ(204×141mm)

風車と運河の他に思い出すのはチューリップです。ここは春のオランダを最大に楽しめる場所。なんと4000種類もあるんですって! 3月下旬から5月のたった2ヶ月間しか開園しない花のショールーム。一日のんびりするにはちょっと観光客が多いけど……

Kinderdijk-Elshout - キンデルダイク


キンデルダイクの風車たち(180×130mm)

世界遺産でもある、ここキンデルダイク村には19基の風車が並んでいます。ロッテルダムから車で1時間。昔のオランダには、そこかしこにこんな光景があったんでしょうね。異国の地でありながら、思わず「春の小川は〜♪」と口ずさんでしまいたくなる何だか懐かしい匂いがします。でも、ここには風車と運河しかありません。

<< Prev | Top | Next >>

©  Le moineau  since 4.Sep 2001

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー